ニュース一覧

目の酷使に注意

女の人

適切なケアを推奨

現代人は仕事でもパソコンを使い、プライベートではスマホを使い、と目に負担がかかる生活スタイルになっています。こうした背景から、アイケアの必要性は高まっており、アイケアに関するグッズも数多く販売されています。たかがアイケアと思って対策をおろそかにしていると、疲れ目から肩の凝りや首の凝り、全身の凝りにまで発展することもありますし、視力の低下や目の病気になるリスクの増大など様々な弊害が考えられます。目を酷使していると感じる場合は適宜アイケアを行い、目をいたわることが大切です。まず行うべきは日ごろの生活を見直すことです。パソコンやスマホの使用量が多いと感じたら、できる範囲で使用量を少なくするようにしましょう。使用量をどうしても減らせない場合は、画面からの明るさを少なくしたり、暗い中で使わないようにしたり、下向きで見るように角度を調整したりすることが大切です。近くばかりを見ているとピント調節機能が疲れてしまうので、定期的に遠くを見るなどして意識して目の使い方を変えるのも大切です。またマッサージや、市販のアイケアグッズを使うのもおすすめです。マッサージはネットなどにもやり方がのっています。正しい方法で行うのが重要なので、おかしいなと思ったらやめましょう。市販のアイケアグッズで目を温めたり、冷やしたりして筋肉を休ませてあげるのもおすすめです。ルテインやアントシアニンといった目に良い成分をサプリで摂取するのも効果的です。トータルでケアするとよいでしょう。